本人確認の電話に出られなければ審査に落ちるのか?



本人確認で審査落ちする人も多い

クレジットカードやローン、キャッシングの審査では、まず初めに信用情報機関の情報をチェックされます。ここでブラックかどうかが判断されます。

その審査を通過すれば、次にスコアリングという審査のシステムで審査をします。ここで年収であったり、持ち家か賃貸かなどの項目をポイント付けされます。

無事この審査を通過すれば、正直クレジットカードやローンの審査に通ったようなものです。しかし、意外に次の本人確認で落とされる人も少なくないようです。

「ブラックでもなく属性も問題ないから、この人には融資をしても大丈夫だろう」や「クレジットカードを発行して問題ないだろう」

クレジットカード会社やローン会社はそのように思っている状態です。

この本人確認で審査落ちするのは本当にもったいないことです。

この本人確認とは、基本的には会社への在席確認のことをいいます。クレジットカード会社やローン会社から申込者の勤務先に電話をして、その申込者が本当にその会社に在籍しているのかどうかを調べます。

これは、虚偽の借り入れ申し込みやクレジットカードの詐欺などを防ぐために有効な方法なので、会社に電話がかかってくるのは仕方がないと考えたほうがいいと思います。

しかし消費者金融などは、会社名を名乗らずに個人名で電話してきますので、そこまで気にする必要はないと思います。

中には、WEB申込だけで電話連絡をしない申込方法のある消費者金融もあります。詳細はモビット公式ページを参考にしてください。

話を戻しますが、勤務先に電話がかかってきた時に、その申込者が電話に出られれば在籍確認はほぼ問題ないでしょう。ここで忙しいからといって横柄な態度をとってしまうと、審査落ちの原因になることもありますが・・・

在籍確認の電話に出られなければ、審査には通らないのか

実は、在籍確認の電話に出られなかったとしても、その申込者が確実にそこで働いていることがわかれば、それで「審査としては問題ない」と判断されます。

電話をかけてくる場合、このような感じで電話をしてきます。

「お世話になっております。私は○○(クレジットカード会社やローン会社)と申しますが、●●(申込者)さんはいらっしゃいますか?」

間違ってもストレートに「ローン会社のものですが、ローンの在籍確認の為に電話しました。●●(申込者)さんはいますか?」などとは言いません。

しかし、この時の電話対応した人が結構な重要人物になってしまいます。

申込者がいて電話を取り次ぐ場合や、「今客先に出ている」などの本人が在籍している情報を伝えてくれてれば何も問題はありません。ですが、この電話してきた担当者を怪しんで「そんな人いない」と伝えるケースも意外にあるようです。

基本的にはそのようなケースの場合、申込者の携帯電話にそのことについて連絡してくると思います。ない場合は審査落ちになる可能性が高いです。前もって、「在籍確認の電話は何時にしてくれ」などと自分が出られるように調整しておくのがベストです。

個人名での電話の場合、「個人情報保護のためにお答えできません」などといった対応をするように決められている企業もあるようなので、そういった対応をすることがわかっている場合も、クレジットカード会社やローン会社に伝えておいたほうがいいでしょう。

その場合は、社員証のコピーや給与明細のコピーを提示することで代替案とするクレジットカード会社やローン会社もあります。このあたりはクレジットカード会社やローン会社によって対応が変わってくると思います。

ちなみに電話に出た場合も、形式的な確認をするだけですぐに終わります。長電話になることはありませんのでその点は心配することはありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ