年収の3分の1以上借金がある人は消費者金融の審査には100%通らないのか



年収の3分の1以上借金がある人は、消費者金融の審査には絶対に通らないのでしょうか?もし絶対に通らないなら、キャッシングやカードローンは申し込まないほうがいいことになります。

これには貸金業法という法律が関係してきます。実はこの貸金業法は平成22年6月に新しく施行されました。簡単な説明すると下記の3つの項目に分けられます。

総量規制とは

  1. 総量規制
  2. 借入残高が年収の3分の1以上ある場合は、新規の借り入れができなくなる。

  3. 上限金利の引き下げ
  4. 以前は上限金利29.2%だったが、借り入れ金額に応じて15~20%に引き下げられた。

  5. 貸金業者の規制強化
  6. 貸金取扱業務主任者という国家資格を事業所に1人以上置かなくてはいけなくなった。

ここで注意してほしいところは、総量規制についてです。つまり、「年収の3分の1以上借金がある人は新規の借り入れができない」と法律で決められてしまいました。

これには多重債務者が増えすぎて、社会問題になったことが原因です。政府は年収の3分の1以上消費者金融が借金させなければ、多重債務者は減るだろうと考えたわけです。

結果、数字上では多重債務者は減りました。「総量規制のおかげで多重債務者は減り借金で悩んでいる人は減った」と政府は胸を張りました。

ですが実際は、消費者金融から借りられなくなった人がヤミ金に流れただけでした。そういった人たちがどれくらいヤミ金に流れたかのデータはありませんが、容易に想像できます。

年収の3分の1以上の借金はできない?

ではここからが本題です。

総量規制のせいで年収の3分の1以上の借金はできないように思えますが、実は抜け道がいくつかあります。かなり重要なのでよく読んでおいて下さい。

  1. 銀行などは総量規制対象外
  2. 貸金業法の対象となる貸金業者は、消費者金融とクレジットカード会社です。つまり銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などは総量規制対象外なので、年収の3分の1以上借り入れがあっても理論上は問題ありません。

  3. クレジットカード会社のショッピング枠は総量規制対象外
  4. クレジットカード会社のショッピング枠は総量規制対象外です。しかしキャッシング枠は総量規制対象になります。

  5. おまとめローンは総量規制対象外
  6. 消費者金融でもおまとめローンは総量規制対象外になります。消費者金融でもおまとめローンなら年収の3分の1以上の借金も問題ないということになります。実際にそういった人たちを対象にした消費者金融も出てきています。ちなみに銀行のおまとめローンの審査はなかなか厳しいので、通らない人はおまとめローンに強い消費者金融のほうが審査に通る可能性は上がります。

  7. 収入証明書を提出しなければ実際の年収は分からない
  8. 総量規制では年収が重要な意味を持ちます。消費者金融などは、収入証明書の提出以外で年収を調べることはないので、年収は本人の申告を信じることになります。しかし他社からの借り入れが合計100万円以上あれば提出が求められますし、小額の借り入れでも収入証明書が必須の場合もあります。

あなたが今現在借金をしているなら、どこから借り入れがあるかを把握しておくべきです。借り入れ先が総量規制対象なのか対象外なのかという点は重要です。

年収の3分の1以上の借金がある人でも、どこに申し込むかで審査に通る可能性があるわけですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ