これをやってしまうとカード・ローンの審査に通らなくなる



ブラックリストという言葉を聞いたことがあると思います。

金融業界では、ローンやキャッシング、クレジットカードで過去に支払いトラブルがあったときにブラックリストに載ります。

前回説明しましたように、実際はそういったリストがあるわけではなく、信用情報機関に延滞や債務整理をしたなどの情報が載っていることを指します

「私は料金の滞納をしたことがないし、債務整理もしたことがない。なのに何回も審査に落ちた」

そういった人はもしかしたら「申込ブラック」になっていないでしょうか?

申込ブラックとは、短期間にローンやキャッシング、クレジットカードなどの申し込みをしてしまうことです。

例えば、下記のような人たちが申込ブラックです。

「A社のローン審査に通る自信がないから、B社にも申込をしておこう。もしかしてB社もダメかもしれない。ならC社にも・・・D社にも・・・」

「A社のローンに申し込んだけどダメだった。次はB社・・・ダメだったからC社・・・D社・・・」

というように、短期間で申し込みをしてしまうと、カード・ローン会社から見れば「この人は短期間に申し込みばかりしている。よほどお金に困っているのか」と思われてしまいます。

申込ブラックの目安としては「1ヶ月以内に3社以上申込」あたりです。3社目が該当するかはクレジットカード・ローン会社次第です。

信用情報機関には、この申し込み記録が6ヶ月間程度残ります。そうなると、この期間は申込ブラックなので審査に通らなくなってしまいます。

もし1ヶ月以内に3社以上の申し込みをしているならば、6ヶ月程度はクレジットカード・ローン会社への申し込みはやめておいたほうがいいと思います。審査に通らないだけならまだしも、多重債務者扱いされる場合もあります。

以前は申込みブラックでも審査に通るローン会社もあったのですが、現在は多少審査が厳しくなっているようです。

それから注意してほしいのですが、キャッシングの事前審査などもこの申込件数にカウントされてしまう場合があります。自分の名前や住所などの個人情報を入れるような事前審査の場合は気をつけてください。

事前審査をするなら、入力した情報で個人が特定されるかどうかを考えると分かりやすいと思います。無記名で生年月日や他社借り入れ件数などだけを入力するタイプなら問題ありません。

例えば、プロミスのお借入診断(事前審査)なら、生年月日・年収・現在のお借入金額だけなので、申込件数にはカウントされません。一度試してみるといいと思います。

もし事前審査ですら「ご融資が難しい・・・」などと出るようでしたら、現在の状況のままでは審査は通りませんので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ