クレジットカードの審査に落ちない為には年収はどのくらい必要か



クレジットカード会社によって違いこそあれ

クレジットカードを発行するかどうかは、クレジットカード会社独自の審査によって決めます。審査基準も公開されているわけではありませんので、確定的なことは言えません。

しかし、実は法律によってある程度決められている部分もあります。

それが申込者の「年収」です。

と言っても、年収が決められているわけではなく、申込者の「支払可能見込額」が決められています。この支払可能見込額がクレジットカード会社の審査では重要になってきます。

審査の基本である支払可能見込額とは

平成22年12月に施行された改正割賦販売法では、クレジットカード会社は、この支払可能見込額を算定して審査をすることが義務づけされました。

クレジットカード会社にとっては、一部とはいえ、審査のルールを法律で決められてしまったわけです。そのため、「支払可能見込額」を超えるクレジットの利用は原則禁止となりました。

この頃ぐらいから、クレジットカード会社の審査が厳しくなったと言われますが、この法律改正による審査基準の変更により審査に落ちる人が増えたのではないかと思います。

では、この支払可能見込額とは何なのでしょうか。

支払可能見込額とは、1年間のクレジットの支払いに充てられると想定される金額のことで、年収から生活維持費や借金などの債務を除いた金額のことです。

  • あなたの年収-法律で定められた生活維持費-クレジットカード債務

年収103万円以下の専業主婦(夫)の場合には、配偶者の年収等を合算できます。夫婦共働きの場合も、同じように配偶者の年収等を合算できます。当然ながら配偶者の同意が必要です。

注意点としては、年収も合算できますが、借金であるクレジット債務も合算されてしまう点です。

自分の年収が少ないからと夫婦の収入を合算するまではよかったけど、借金であるクレジット債務まで合算されてしまったために、審査にマイナスになることも十分あります。

生活維持費については下記の表を参考にしてください。

生活維持費

年収、法律で定められた生活維持費、クレジットカード債務。これらを見てクレジットカード会社は審査をしますが、実はこの支払可能見込額に0.9をかけた金額で審査されることになります。

  • (あなたの年収-法律で定められた生活維持費-クレジットカード債務)×0.9

支払可能見込額での審査はなかなか厳しい

それでは実際に支払可能額での審査をしてみましょう。(実際の審査はもっと複雑です)

  • 20代女性
  • 年収240万円
  • 東京で独身一人暮らし
  • クレジット債務は年間20万円

このケースだと生活維持費は116万円になります。

なので下記のような式になります。

  • (256万円-116万円-20万円)×0.9=108万円

この人は、原則として年間108万円使えるクレジットカードを発行していいことになります。

しかし、よく考えてみると、年間108万円ということは、月に9万円しか使えません。つまり限度額10万円のクレジットカードも発行できないことになってしまいます。

これでは若い人や勤務年数の少ない人はクレジットカードを持てないことになってしまいます。

実は支払可能見込額の算定については、適用除外が設けられています。

クレジットカードの限度額が30万円以下の場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で、クレジットカードの発行が認められています。

年収が低い人の場合、クレジットカードの限度額を30万円以下に設定して申し込むことで、審査に通る可能性が上がる可能性があります。

どうしてもクレジットカードがほしい人は参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ