消費者金融は過去の申込者の記録を審査に役立てている



過去の申込者の記録を利用して審査に役立てている

消費者金融は過去の申込者の記録はちゃんと残していると考えられます。しかも使い勝手のいいようにデータベース化していると思われます。それを審査に役立てているはずです。

例えば上場会社が務めている人がキャッシング新規申込をしたとします。

すると消費者金融側は「この業種で会社の規模がこれくらいで役職がこれならこれぐらいの収入だろう」とある程度の所得帯を基準にします。

上場会社、建設業、主任クラス、正社員であれば年収は500万円ほどだろうと判断します。

この金額よりも年収が高すぎる場合や、低すぎる場合は、「この人おかしいな」と判断されて、審査のチェックが厳しくなってしまいます。

上場会社、建設業、主任クラス、正社員で年収1000万円と申告している人であれば、「この人は年収を多く書いているのではないか」と勘繰られてしまいます。

逆もしかりで年収が300万円ほどであれば、「この人は本当に正社員なのだろうか」と疑われてしまいます。

このようなケースの場合は、在籍確認が厳しくなるか、キャッシングの枠が少なくなることが考えられます。

建設業でいえば日揮などのように平均年収が高い企業もありますし、有名な企業でも平均年収が低く、派遣社員が多い企業も多くあります。

大手消費者金融の場合、特に過去のキャッシング申込者に同じような人がいなかったかチェックされると考えたほうがいいでしょう。

業種によっては返済が滞りやすい業種もあり、そういった業種で働いているというだけでマイナス評価になるケースも中にはあります。

大手消費者金融はそういったデータベースなどを駆使して審査をしていることを知っておくといいと思います。

そうすれば、「年収をごまかして審査に通ってやろう」などと浅はかな気持ちにはならないはずです。

普通に申込みしていれば審査に通ったはずなのに、そういった虚偽申告がバレて審査に落ちている人が多いことは事実です。

消費者金融は誠実な人にお金を貸したい

他にも下記のような凡ミスもマイナス評価になります。

  1. 未記入の項目がある
  2. どれを選んだらいいか分からない場合や何を書いたらいいか分からない項目があれば、問い合わせサポートなどに電話をかけて聞いたほうがよい。

  3. 本人確認書類が不鮮明
  4. コピーの場合、薄すぎる場合もあるので、相手が見て確実に分かる濃さで送る。

  5. ふりがなの記載ルールを守る
  6. ネットでの申込の場合は、全角カナと書いてあればそれ以外の文字は入力できないようになっている場合もありますが、手書きの場合は特に気を付ける。大事な申込書を適当に書いていると判断されてしまうこともある。

当たり前のことを気を付けるだけで、審査の通過率は上がります。

消費者金融やローン会社は、誠実でちゃんと返済してくれるであろう人にお金を貸したいと思っています。逆にウソをつくような人、誠実ではない人にはお金を貸したくないと思っています。

これはクレジットカード会社にも当てはまります。

申し込むときは、自分が誠実な人であることを意識して申込をしてください。

ちなみに、消費者金融の審査担当者などと電話で話をするときに、横柄な態度をとる人は審査には通らないと考えたほうがいいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ