ローンの審査に通らない一番の原因はこれ?



ローンやキャッシング、クレジットカードの審査に落ちる一番の原因と言われているのが、「他社借り入れ件数」というものです。

他社借り入れ件数とは、他の金融会社から借り入れを行っている件数のことです。

申込者が、他の銀行や消費者金融などから借り入れがあるのか、何枚のクレジットカードを持っているのか(キャッシング枠がある場合)、ということが審査の基準になっています。

この「他社借り入れ件数」はローンの審査に重要視されています

例えば、同じ金額のローンを組んでいたとしても、他社借り入れ件数が多いほうが審査は不利になります。

200万円を1社から借り入れをしている人と、200万円を5社から借り入れしている人では、審査に関しての信用度がまるで違います。

「200万円をまとめて貸せる信用力がある人」と「200万円をあちこちからかき集めてきた信用力の低い人」

この差です。

では、この他社借り入れ件数は何件ぐらいなら審査に落ちないで済むのでしょうか?

大手消費者金融のキャッシング、銀行のフリーローンの審査に関していうと、他社借り入れ件数が1~2件なら、審査に通る可能性は高いと言えます。3件くらいがラインになると思います。

中小の消費者金融であれば、4~5件以上でも審査に通るところはあります。

それ以上になってくると、一部の金融機関ではないと審査に通ることは難しくなります。

他社借り入れ件数がかなり多い場合、たとえ年収が高くても審査に通らない可能性が高いです。

この他社借り入れ件数をごまかして申し込んだとしても、信用情報機関への照会時にすべて判明します。

ウソの記載をしていることが分かれば、当然ながら審査には落ちます。それだけは絶対にしないようにして下さい。

少しでも審査の通過率を上げたいのであれば、おまとめローンなどで一本化することをおすすめします。1件でも借り入れ件数を減らすことができれば、審査に通る可能性も高くなります。

大手でもモビットのように、比較的おまとめに寛容な金融会社もありますし、中央リテールのようにおまとめローンの申込条件が「借り入れ件数が5件以上、借入額200万円以上」という寛容な条件を設けているところもあります。

ローンの審査になかなか通らないと悩んでいる人は、こういった金融会社を狙ってみるといいと思います。

ちなみに、住宅ローンの審査に関していえば、この「他社借り入れ件数」が1件でもあると審査に不利になります。

住宅ローンを申し込もうと考えている人は、まずは他のローンの支払いを先に済ませてからのほうがいいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ