保証人と連帯保証人では責任の重さが全く違うことを知るべき



「保証人になってしまったがために、他人の借金を背負わされた」というのはよくある借金のトラブルのひとつです。その保証人には、「保証人」と「連帯保証人」の2種類がありますが、同じ意味だと思っている人が少なくないようです。

しかし、この勘違いは今すぐ直したほうがいいと思います。保証人としても責任の重みが全く違いますので。

連帯保証人は文句も言えない

ローン会社が取り立ての際に、いきなり連帯保証人に電話をかけてきて、「あなたが連帯保証人になっているあなたの兄が借金を返済しないので、あなたが代わりに借金返済してくれ」と言われても何も文句が言えません。

「保証人」の場合は、債権者(ローン会社など)が保証人に支払いの請求をしても、保証人は「まず、主たる債務者に請求してくれ」といって支払いを拒むことができます。これを催告の抗弁権といいます。

「まずは実際に借金している兄に言ってくれ」とあなたが言っても、そう言う権利すら「連帯保証人」にはないというわけです。

また、主たる債務者に資力がありかつ容易に執行ができることを証明したときには、「主たる債務者の財産に対してまず執行せよ」といって請求を拒むことができます。これを検索の抗弁権といいます。

「兄は資産を持っているから、その資産を強制執行してくれ」と言う権利すらも「連帯保証人」にはありません。

連帯保証人にはこの二つの抗弁権がないために、「連帯保証人」は主債務者と同等になってしまいます。なので、金銭トラブルとしてよく問題になります。他人の借金で自分が自己破産をする羽目になったという話もよく聞きます。

「お前には絶対に迷惑をかけない」「支払いは絶対にする」「連帯保証人なんて形だけ」などと言われて、連帯保証人になったとしても、責任を逃れることはできません。

トラブルにあいたくないなら連帯保証人にはならない

親でも兄弟でも連帯保証人になるのであれば、自分が借金をする覚悟が必要です。相手が高収入だから安全と思っていても、今の世の中どうなるかわかりません。

特にサラリーマンなんてリストラにあえば、収入低下はほぼ確実です。転職先がなかなか決まらずしばらく無収入ということもありえます。そういったことを考慮して保証人になる必要があります。

断りにくいからと、連帯保証人の判を押してしまったら、その時点であなたが全額借金を背負ってしまうのと同じ意味を持ちます。自分で使うことのできない借金を背負わされているわけです。こんなに怖いことはありません。

ただし、ローン会社などの貸金業者側から「連帯保証人としての責任は追及しないので、サインだけしてほしい」などとだまされた場合は、契約の無効や取り消しを主張することもできます。

このようなケースの場合は、連帯保証人から抜け出せる可能性がでてきますので、すぐに弁護士や司法書士に相談してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ