夜逃げをして時効まで逃げ切れば借金がゼロになる?



「もう借金で首が回らないので、夜逃げをして時効まで逃げ切ろうと思う。逃げ切れば借金がゼロになる」

このように考える人もいるかもしれません。相手が消費者金融などのローン会社であれば5年間、個人であれば10年間逃げれば借金が時効になるから、と考える人もいるでしょう。

夜逃げをすればとりあえずは借金相手から逃げることはできます。しかし当然ですが、夜逃げをしても借金がなくなるわけではありません。

特に消費者金融などの貸金業者は、あらゆる手段で居場所を探し出して追求してきます。時効の中断手続きを貸金業者に取られた場合は、予定していた時効が成立しないこともあります。

個人が相手であれば泣き寝入りをする可能性もあるかもしれません。実際に夜逃げした相手を探すとなれば、まず居場所を見つけるところからはじまります。いくら日本が小さな国といえど、探すには相当な労力とお金が要ります。

夜逃げをする場合はすべてを捨てる覚悟でしょうから、その人の勤務先や友人などに聞いたとしても、誰も知らない可能性が高いです。

警察に相談すれば夜逃げした相手を探してくれるか?

こういう時は警察に相談・・・したとしても、警察は民事不介入と言って、協力してくれません。捜索願も家族など親族からの届け出が原則なので受理されない可能性が高いです。

現実的な探し方は探偵に頼んで探してもらうというところでしょうが、当然お金がかかりますので、貸した金額次第では探偵社に依頼した金額のほうが高額になります。

結果、個人が相手であれば夜逃げをしても逃げられる可能性は十分にあります。相当な恨みを買うのは確実ですが。親族に迷惑もかかるでしょう。

それに転居先を知られないために、住民票異動などができません。転居先で住民登録をしなければ、国民健康保険の適用もできませんし、国民年金、児童手当の受給などの問題もでてきます。

子供の学校に関しては、とりあえず仮入学が認められてはいるようですが、後日正式に登録しなければいけません。

場合によっては偽名で働く人もいるでしょう。そしていつ見つかるかとおびえながら一生暮らすことになります。

家族がいる場合は、夜逃げは現実的ではありません。ずっと息を潜めて暮らしていくことになります。大事な自分の子が、子供時代をそんな状態ですごしたらあまりにも不幸だと思いませんか?

それに夜逃げをしたところで見つかる可能性もあります。借金が時効になったとしても個人が相手の場合、かなり恨みを買っていますから、事件に発展する可能性も少なくないかもしれません。

結局夜逃げでは何も解決しない

夜逃げをするぐらいなら、債務整理をしたほうが絶対にいいといえます。夜逃げをするくらいですから、借金の額も高額でしょうし、取立てがよっぽどきつかったのかもしれません。

それなら借金問題のプロである弁護士や司法書士に相談したほうがよっぽどいいです。債務整理をしたところで、現実問題としては、しばらくローンが組めない、クレジットカードが持てないくらいでしょう。

夜逃げをして一生陰に隠れて生きていく人生を歩むくらいなら、少しでも早く弁護士や司法書士に相談して、穏やかな生活を手に入れてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ