クレジットカードの審査の原点とは



クレジットカードの審査の基本ですが、基本的にこの3つです。

  1. 申し込んだ本人が本当にいるのか
  2. 返済意思が本当にあるのか
  3. 返済能力が本当にあるのか

申し込んだ本人が本当にいるか

ネットの世界では架空の人物が当たり前のようにいますが、こういった申し込みですら別人になりすまして申し込みをするケースがあるようです。

例えば、店頭でクレジット契約を申し込み、そのときにその人の所在をちゃんと確認しないで商品を渡したとします。後日その商品の代金を払う日になってもお金が払われない。

なので連絡先の住所に連絡してみても連絡がつかないということがあります。偽造された身分証明書を見破れないとこのようなことが起きてしまいます。

返済意思が本当にあるのか

クレジットの申し込みをする人は、クレジットの契約が必要だから申し込みます。なので、「返済意思が本当にあるのか」と聞いたところでほぼ全員が「ある」と答えるでしょう。

本人確認をしたとしても、「自分は本人です」と答えるでしょう。例え本人ではなかったとしても。この場合は明らかに詐欺ですが、クレジットを申し込む動機にこういった騙し取る目的の人がいるのも事実です。

ちなみにこのような商品を騙し取る目的の詐欺は犯罪ですから、詐欺をした本人は罰せられます。

それから、クレジットカード会社も犯罪者に利益を渡すことになるので、犯罪収益移転防止法と言う法律によって、クレジット会社が罰せられるケースが絶対ないとも言い切れません。

こういったことがあるので、クレジットカード会社はかなり慎重に審査をするというわけです。

当然ながら、はじめから詐欺を目的としていなくても、結果的に返済できなくなるケースもあります。こういったケースを防ぐためにも審査が必要というわけです。

返済能力が本当にあるのか

クレジット契約は、ボーナス一括払いを除いて原則毎月払いです。サラリーマンの給料のように、毎月一定の収入がある人が、返済能力が高いと判断されます。金額は別として毎月一定の収入が安定して入ってくるというのは、審査では当然有利になります。

サラリーマンの感覚からすれば、給料をもらっているので、毎月一定の安定収入というのはあまり前に感じるかもしれません。

自営業者のように、日々収入や毎月の収入があっても、決まった額ではないのが低評価につながってしまいます。

たとえ自営業者の収入が高くても、毎月一定の収入が安定して入ってくるといった点を審査では重視するので、サラリーマンのほうが属性は上になってしまいます。つまりサラリーマンのほうが審査には通りやすいといえます。

クレジットカードなどの審査のポイントを細かく挙げればいろいろありますが、上記の3点が基本になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ