クレジットカードの現金化の被害に遭う人はこんな人



以前クレジットカードの現金化には絶対に手を出さないようにという記事を書きました。

しかし、なかなかクレジットカードの現金化の被害はなくならないようです。

「自分は大丈夫!」と思っていても被害に遭った人たちはみんなそう思っていたと思います。

それでは、どういった人がクレジットカードの現金化に遭うのでしょうか?

被害に遭う人の特徴

被害に遭う人の特徴のど真ん中ともいえる人は、「支払日が近いのに支払のあてがない人」です。

このタイプが一番危険で、被害に遭った人の数では一番多いのではと思います。「支払期日が目の前なのに、お金をなんとかかき集めてもあと5万円足りない・・・」などの悩んでいる人はクレジットカードの現金化業者からみれば、立派なカモです。

結局10万円の枠を使わされて、7万円程度の現金を手に入れる。この現金に関してはクレジットカードの現金化業者のキャッシュバック率というものによって決まります。

(ちなみにこのキャッシュバック率が高いと文句を言えば怖いお兄さんが出てきます。店舗に行って、その時の対応が女性だったとしても、裏には必ず怖い人が控えています)

実際に年利にして計算するととんでもないヤミ業者ということが分かると思います。実質トサンの闇金業者となんら変わりありませんから。

しかし問題なのは、支払期限が明日、明後日に迫った人にとっては、こういったヤミ業者であろうと、現金が手に入って支払ができることに安心してしまうということです。

実際このケースの場合、来月以降に10万円の支払いが待っているわけです。そしてまた払えなくなってクレジットカードの現金化を利用してしまうという人が後を絶たないのでしょう。

目の前の支払いに追われて我を忘れているともいえます。「目の前の支払いをどうするか」ということだけでなく、1年後、2年後の借金状況は改善するのかを計算してみる必要があります。

そして実際に借金返済が可能なのかを数字で表してみることをで、客観的に自分の状況をみることができます。「借金返済は不可能」との結論に達したら、早めに弁護士などの専門家に相談してください。

今現在借金があるのに、こういった見通しをしていない人も、クレジットカードの現金化の被害に遭う人予備軍ともいえます。

クレジットカードの現金化業者は、必ず悪質業者です。闇金と変わりません。絶対に利用しないようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ