時効になった借金を買い取って、取り立てる悪徳業者



時効になった借金は、自動的に時効になるわけではありません。債務者本人が時効であることを主張しなければ、その借金は有効のままです。

その債権を消費者金融などの貸金業者から買い取って、取り立てる悪徳業者が存在します。

不良債権買取屋

例えば、あなたに100万円の借金があるとします。しかし、5年経ったので時効になりました。そのお金を貸している貸金業者は回収をあきらめて、二束三文で債権回収会社に売ります。

その債権回収会社というのが、不良債権買取屋です。借金の取立屋といってもいいかもしれません。

基本的に時効になっている債権ですから、価値としてはゼロのはずです。しかし、それを何とかして取り立てるのが不良債権買取屋の仕事です。

当然ながら、時効になっていることを相手には教えません。

ここで問題なのが、1円でも支払ってしまうと時効になったはずの借金の時効が中断されます。これが不良債権買取屋の狙いです。

こうなってしまうとこちらがいくら「この借金は時効のはず」と言っても、法律的にこの借金は有効になってしまいます。さらに遅延損害金を加えた額まで相手に請求されてしまいます。

支払う必要のなかった借金が復活してしまいます。

不良債権買取屋の手口

では、この不良債権買取屋はどのようにして、借金の取り立てをしてくるのでしょうか。

こういった悪質な業者は「法律を遵守して回収していく」という気持ちはありません。なので、親族への取立も平気でしてきます。

この親族が連帯保証人であれば、借金の取立ても認められますが、保証人でなくても関係なく取り立ててきます。この際に取立てに来られるのが嫌だから支払ってしまうケースもよくあります。

連帯保証人でなければ親であろうと兄弟であろうと、借金の返済義務はありません。しかし、「あんたの子供の借金だからあんたが払え」と当たり前のように言ってきます。

しかも一度でも払えば時効は中断され、さらに「この親なら債務者の代わりに借金返済してくれる」と思われて、しつこく取立てられます。

時効になった借金がある人は、内容証明郵便で「この借金は時効なので支払いません」といった内容の通知を出しましょう。

ひどいケースでは、買い取ってすらない債権の請求をする悪徳業者もいます。つまり架空請求です。これは絶対に無視してください。

自分で解決が難しい場合は、弁護士などの専門家に頼んで、確実に解決してもらう必要もあるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ