クレジットカードの現金化に手を出すと・・・



「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」

そんな看板を見かけたことがあると思います。スポーツ新聞や雑誌の広告などでも見かけることもあります。ではクレジットカードのショッピング枠を現金化とはどういうことなのでしょうか?

この手口はクレジットカードでブランド商品やパソコンなどの高額商品を買わされて、それをクレジットカード現金化の業者が買い取るといったものです。この業者のことを買取屋といいます。

買取屋の罠

ここでの問題は、「購入金額の90%以上をキャッシュバックします」などとうたい客を集めていますが、実際は50%以下になることも多いようです。

例えば20万円の商品を購入したとしても、その購入した商品を買い取るのは買取屋なので、買取屋が「この商品は10万円でしか買い取れない」と言ってしまえばそれまでです。

騙されたと思っても、クレジットカードの現金化は禁止されています。もともとしてはいけない違反行為なので、被害者もなかなか文句を言えないようです。しかも契約書を交わすわけではないので、被害の立証も難しいようです。

買取屋はクレジットカードの現金化で高い手数料を取り、さらに下取り業者に商品をそれ以上の金額で転売し、多額の利益を得ています。困っている人の足元を見た詐欺行為です。

クレジットカードの現金化をしようとするくらいですから、どこからも借り入れできない多重債務者であることが多いと思います。こういう人たちは手元に残ったお金を見て、「クレジットカードの現金化をしてよかった」と思う人もいるようです。

一時的に手持ちのお金は増えるかもしれませんが、借金は増えています。手元に10万円残っても、クレジットカードのショッピング枠が20万円消えているわけですから。

クレジットカード現金化がバレたらカードが解約させられる

ちなみにこのクレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレた場合は、そのクレジットカードを解約され、さらに一括請求されることもあります。

クレジットカードの会員規約にそうような文言があります。その会員規約を破ることになりますから、支払請求されても文句は言えないでしょう。

自分が持っているクレジットカード会社のサイトも見てみてください。「クレジットカードの現金化は禁止」と書いてあると思います。

現在複数の消費者金融やローン会社から借金をしているような多重債務者の場合、クレジットカードを解約させられることは困ると思います。なぜなら現在の状況では新しくクレジットカード持ちたいと思っても、審査には通らないでしょうから。

クレジットカード現金化に手を出さない

クレジットカードの現金化をしている買取屋はまともな業者ではありません。思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

もし20万円の商品を購入させられて、2万円にしかならないと言われたら、その場で抗議すると思います。そうしたら奥からぞろぞろとコワモテでゴツイ男たちが出てくる。

そして「文句言うんだったら買取はしねぇぞ!」と脅されたら・・・、あなたはそれでも「90%キャッシュバックって言ったんだから18万円で買え!」と言えますか?

クレジットカードの現金化業者である買取屋には関わらない、これしかありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ