ブラックの方でも融資可能な業者を紹介します



この文面を見て「ブラックでも貸してくれるんだ!」と思った人は要注意です。基本的にブラックの人にお金を貸す貸金業者はごく一部を除いていません。

ではなぜこの「ブラックの方でも融資可能な業者を紹介します」という文面をよく見かけるのでしょうか?

これは、紹介屋という悪徳業者がいるからです。紹介屋は表向きは消費者金融のように見せかけて、自分たちでは融資をせずに、他の消費者金融などを紹介して融資額の2~5割という高い紹介料を請求してくる業者です。

手口としては、「ブラックOK」「即融資します」「審査なし」「他社で断られた人歓迎」などの闇金融が良く使う宣伝文句でお金に困っている人を集めます。タチの悪い点は、どこからもお金を借りられない本当にお金に困っている人を対象にしている点です。

この紹介屋に申し込みをすると、表向きには消費者金融などと同じように審査をしているようにみせかけます。実際には審査はしていません。ここであなたの個人情報が紹介屋に握られてしまいます。名前・住所・電話番号・勤務先・他社の借り入れ状況など、悪徳業者には絶対に渡したくない個人情報が紹介屋に渡ります。

一度申し込みをしてしまうと、あなたの個人情報が握られてしまいますので、途中で申し込みをやめることができなくなります。言ったとしてもいろいろ難癖をつけられて、結局申し込みをしないといけないようになります。

それで審査の結果ですが、これはもう申し込む前から決まっています。「審査の結果、残念ながら当社で融資はできません」です。そしてここから紹介屋が本来の仕事を始めます。

通常の消費者金融やローン会社は、審査に通らない理由を教えてくれることはほとんどありませんが、紹介屋は教えてくれます。といってもあなたをだますためですが。

「あなたは他社からの借入額や借り入れ件数が多いので、当社では融資できません。この状況ではどこに申し込んでも審査には通らないでしょう」などとあなたにとっては、言われたくない痛いところをついてきます。

そして、「しかしこのままではあなたも困るでしょうから、私の知り合いの業者を紹介しましょう。そこならブラックの方でも融資している実績があるので、あなたでも審査に通ると思います。」などど、甘い言葉で他の業者を紹介します。

その結果、複数の消費者金融などからお金を借り入れます。そうすると「自分たちのおかげであなたはお金が借りられた」と言って、融資額の2~5割という高い紹介料を請求してきます。

法律で認められている紹介料は、融資金額の5%以内なので、これがどれだけ違法かわかると思います。しかも実際には紹介屋は何も口利きなどしていません。ただ審査が比較的ゆるい消費者金融などに申し込ませただけです。

あなたが本当はブラックではないのに、「ブラックだから審査に通らない」とだましていたというわけです。本当は紹介屋を介さなくても、審査に通る状態だったというわけです。

紹介屋に申し込むくらいですから、どこからも借りられない多重債務者が多いので、融資が受けられたというだけで安心してしまい、つい紹介料を払ってしまう人が多いようです。

本当にどこからも借りられないブラックの人であれば、紹介屋からヤミ金へという地獄へまっしぐらなルートを紹介されます。ただでさえ高金利のヤミ金に加え、紹介屋に高額な紹介料を払ったら、手元にお金なんか残りません。

異常な紹介料の高さや、紹介料を払わないとトラブルになるなどの脅しなど、冷静に考えれば詐欺だと気がつくはずです。紹介屋に関わってしまったら、一刻も早く紹介料を払う前に、警察や法律家などに相談してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ